Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人権救済法案」偽装で作る言論統制と監視社会 「博士の独り言」

民主党政権が圧し進める危険な「闇法案」をご存知でしょうか?

 

ブログ「博士の独り言」は、メディアが伝えない「日本の真実」を

独自の視点から発信しています。

http://specialnotes.blog77.fc2.com/

 

人権機関 

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3154.html

闇法案 

 

ブログより引用

「人権救済法案」の危惧

  民主党が提出を準備している「人権救済法案」は、日本を危うくする最たる闇法案です。いわゆる、過去に廃案となった「人権擁護法案」よりも深刻な内容となっています。国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより、国民個人の言動や、ひいては、公けの言動までのすべてが監視対象となり、たとえば、「差別」とみなされれば、逮捕される。こうした言論統制と指摘すべき仕組みが日本社会の中に出来上がってしまうことになります。仮に、他の法案が仮に提出延期となっても、この法案1つが法制化となれば、そのレールの上を通るかのように、「地方参政権付与」も、「夫婦別姓」も、および、「戸籍廃止」や「重国籍」も、それらすべてが容易に法制化する土台になる危惧があります。

 一部の報道と良識の周知によって、行き詰まりを見せているかの「地方参政権付与法案」ですが、それならば、とばかりに、それらの方へ衆目を逸らし、議論が集まっている間に、その狭間を衝くかのように、民主党政権が、この「人権救済法案」を通してしまうかの動きが明らさまになってまいりました。

----------

■ 闇法案関連資料(PDF版): 


平成21年12月19日 「闇法案の動向と良識の対峙」

----------

■ 主な関連記事:


「夫婦別姓導入」考 2009/09/27
【動画】外国人参政権が招く特定国の日本侵蝕 2010/02/06
動画「メディアが伝えない日本の真実」 2010/01/20 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18  

----------

▼ 2月16日他の小稿:


【動画】「夫婦別姓」家族制度破壊の隠された意図 
----------
 
 民主党案の毒性は、これまでの「人権擁護法案」とは比較にならないほど高く、この点について、産経紙面では、「1つは、焦点の救済機関を自民党案の「法務省の外局」ではなく、首相官邸直結の「内閣府の外局」に設置することだ。政府と党の一体化を進める民主党政権では、党の意向がより反映されやすい」、と指摘しています。

 すでに、内閣府への法的権能の集中や陳情窓口の一本化、あるいは、これまでに類なき「密告システム」、と指摘されている「ハトミミ」の設定も、この法案の環境作りの一環、と認識して差し支えありません。そもそもが、刑事罰に問われるべき筋道にはない言論、たとえば、民主党政府に対する国民の指摘や批判、ひいては、言論界における1つの記事、講演ですら「人権侵害救済機関」による監視の対象となります。端的に指摘すれば、民主党に都合悪し、とみれば、内閣府の外局や各都道府に設置する同機関が、批判をなした人物を逮捕し、立ち入り調査などを行える権限を持つことになります。また、その人権委員には国籍条項は設けられておらず、たとえば、在日韓国・北朝鮮国籍者の就任も可能です。日本を北朝鮮のような国家にして良いのでしょうか。1人でもより多くの日本国民が知り、対峙すべき闇法案に他なりません。

----------  

 

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3188.html

本編記事より転記

 

 


 1

メディアと民主党に疑問を持った方は、

ブログ「博士の独り言」をご訪問ください。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

メディアが伝えない日本の真実

毅然たる日本を願い、現下のこの時局に、日本の本来在るべき針路を鋭意問う内容となっております。民主党政権やメディア報道に不審を抱かれた時や、毀日集団やカルトの誘いを感じられた時に、お役立ていただける内容ある一冊と思います。(ブログ「博士の独り言」より引用)  

プロフィール

blogsakurayamato

Author:blogsakurayamato
「博士の独り言」応援中!

特定国やカルトの侵蝕に国の将来を憂い、活動に可能な時間を得るために、本来専門分野での教授職就任を辞退してまで、国思う真実一路の活動に身を尽されて来た博士を、これからも末長く活動を続けていただけるように、私たち有志は応援しています。国思うみなさん、日本人の魂の誇りある博士への応援をどうか宜しくお願いします。

応援有志一同


 

桜大和ツイッター

 

TBでおじゃまいたします

おじゃまいたします      路傍の花

最新記事

書籍「博士の独り言」

重版決定!

最新コメント

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。