Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夫婦別姓」家族制度破壊の隠された意図 「博士の独り言」

民主党政権が圧し進める危険な「闇法案」をご存知でしょうか?

ブログ「博士の独り言」は、メディアが伝えない「日本の真実」を

独自の視点から発信しています。


http://specialnotes.blog77.fc2.com/

夫婦別姓 

 

ブログより引用

 

「選択的夫婦別姓を導入する民法改正案」の危惧

 民主党が提出を準備している「選択的夫婦別姓を導入する民法改正案」は、〈1〉結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる〈2〉結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる、などを骨子としています。選択的別姓としながらも、生まれて来る子供たちの「姓」が、出生ごとバラバラであれば、家族の否定にさえつながりかねない。この上で、併せて民主党によって現下の戸籍制度を廃止、となれば、その先は、通名外国籍者の悪用の合法化をも招きかねません。


 国家の構成単位は家族であり、家族の弱体化が、すなわち国家の弱体化につうずる。まさに、同法案は、日本弱体化を急ぐ民主党の正体ここに見えたり、と指摘すべき悪法とみなして差し支えありません。国の将来を危うくする闇法案のおぞましさを1人でも多くの方に知らせて行きたい。国士の遺志を引き継ぐ国思う良識の声を広げたい、と。その思いから、その1人として、国思うみなさまと共に、前へ、と進んでまいります。
----------

■ 闇法案関連資料(PDF版): 


平成21年12月19日 「闇法案の動向と良識の対峙」

----------

■ 主な関連記事:


「夫婦別姓導入」考 2009/09/27
【動画】外国人参政権が招く特定国の日本侵蝕 2010/02/06
動画「メディアが伝えない日本の真実」 2010/01/20 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18  

----------

 


http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3187.html

本編記事より転記

 

 

 

 

1 

メディアと民主党に騙されないために

ブログ「博士の独り言」をご訪問ください。


 

「人権救済法案」偽装で作る言論統制と監視社会 「博士の独り言」

民主党政権が圧し進める危険な「闇法案」をご存知でしょうか?

 

ブログ「博士の独り言」は、メディアが伝えない「日本の真実」を

独自の視点から発信しています。

http://specialnotes.blog77.fc2.com/

 

人権機関 

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3154.html

闇法案 

 

ブログより引用

「人権救済法案」の危惧

  民主党が提出を準備している「人権救済法案」は、日本を危うくする最たる闇法案です。いわゆる、過去に廃案となった「人権擁護法案」よりも深刻な内容となっています。国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより、国民個人の言動や、ひいては、公けの言動までのすべてが監視対象となり、たとえば、「差別」とみなされれば、逮捕される。こうした言論統制と指摘すべき仕組みが日本社会の中に出来上がってしまうことになります。仮に、他の法案が仮に提出延期となっても、この法案1つが法制化となれば、そのレールの上を通るかのように、「地方参政権付与」も、「夫婦別姓」も、および、「戸籍廃止」や「重国籍」も、それらすべてが容易に法制化する土台になる危惧があります。

 一部の報道と良識の周知によって、行き詰まりを見せているかの「地方参政権付与法案」ですが、それならば、とばかりに、それらの方へ衆目を逸らし、議論が集まっている間に、その狭間を衝くかのように、民主党政権が、この「人権救済法案」を通してしまうかの動きが明らさまになってまいりました。

----------

■ 闇法案関連資料(PDF版): 


平成21年12月19日 「闇法案の動向と良識の対峙」

----------

■ 主な関連記事:


「夫婦別姓導入」考 2009/09/27
【動画】外国人参政権が招く特定国の日本侵蝕 2010/02/06
動画「メディアが伝えない日本の真実」 2010/01/20 
手紙・中川昭一議員殿 2009/02/18  

----------

▼ 2月16日他の小稿:


【動画】「夫婦別姓」家族制度破壊の隠された意図 
----------
 
 民主党案の毒性は、これまでの「人権擁護法案」とは比較にならないほど高く、この点について、産経紙面では、「1つは、焦点の救済機関を自民党案の「法務省の外局」ではなく、首相官邸直結の「内閣府の外局」に設置することだ。政府と党の一体化を進める民主党政権では、党の意向がより反映されやすい」、と指摘しています。

 すでに、内閣府への法的権能の集中や陳情窓口の一本化、あるいは、これまでに類なき「密告システム」、と指摘されている「ハトミミ」の設定も、この法案の環境作りの一環、と認識して差し支えありません。そもそもが、刑事罰に問われるべき筋道にはない言論、たとえば、民主党政府に対する国民の指摘や批判、ひいては、言論界における1つの記事、講演ですら「人権侵害救済機関」による監視の対象となります。端的に指摘すれば、民主党に都合悪し、とみれば、内閣府の外局や各都道府に設置する同機関が、批判をなした人物を逮捕し、立ち入り調査などを行える権限を持つことになります。また、その人権委員には国籍条項は設けられておらず、たとえば、在日韓国・北朝鮮国籍者の就任も可能です。日本を北朝鮮のような国家にして良いのでしょうか。1人でもより多くの日本国民が知り、対峙すべき闇法案に他なりません。

----------  

 

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3188.html

本編記事より転記

 

 


 1

メディアと民主党に疑問を持った方は、

ブログ「博士の独り言」をご訪問ください。

外国人参政権が招く特定国の日本侵蝕「博士の独り言」

 

 

 民主党政権が圧し進める危険な「闇法案」をご存知でしょうか?

 

ブログ「博士の独り言」は、メディアが伝えない「日本の真実」を独自の視点から発信しています。

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3181.html

 

博士の独り言

 


■ 主な関連記事:

亀井氏「夫婦別姓法案に反対」考 2010/02/07 

異常な「外国人参政権法案」 2010/02/03 

民団介入「一夜で否決」考 2010/02/01  

自民市議団「参政権反対署名」考 2010/01/21 

参政権「反対」首都圏に広がる 2010/01/27 

長尾教授の英断 2010/01/29 

民主「外国人住民基本法」の闇 2009/11/15 

朝日「通名報道」の闇 2009/09/24 

 

■ 主な「人権救済法案」関連記事:

民主「人権機関創設」考 2010/02/04 
闇「政治」に断を! 2  2008/02/18  (当時の意見書実る)
人権擁護法「反対」ステッカー 2 2008/02/13 
人権擁護法「反対」ステッカー 2008/02/12 
闇法案と国民無視の権益 2008/01/31 


 ■ 主な関連意見書:

自民党への意見書 人権擁護法案「反対」 2008/02/06 
自民党への意見書  2008/01/26

 ■ 闇法案関連資料(PDF版): 

平成21年12月19日 「闇法案の動向と良識の対峙」


 20100120183151.jpg

「一人でも多くの人に真実を!」 それだけが願いです。

メディアが伝えない日本の真実【動画】「博士の独り言」

政治ブログ「博士の独り言」をご存知ですか?

20100120143845f2a.jpg 

博士の独り言

http://specialnotes.blog77.fc2.com/

   「「博士の独り言」は、いかなる組織、団体とも無縁の日本人の私 が発信させていただく国思うブログです。」なぜ、政治ブログを始め、更新させていただいているのか。最大の理由を、小活動の動機に集約すれば、国思う視線で政治を語り、一人でもより多くの人に政治へ関心を深めていただきたい。その視線を共有できれば有難い。庶民の最大の武器である選挙権を放棄することなく、政治へ積極的に参加していただきたい、と。小さなブログと活動ながら、そのための、何らかのきっかけになることができれば嬉しい、と。その思いによるものです。 政治は決して遠い世界のものではありません。」

(ブログより引用)

   組織的な応援に無縁な「博士の独り言」を応援しているのは、ごく普通の国思う個人、個人です。 ひとりでも多くの方に博士のブログを知っていただくために、有志が応援動画を作成しました。<Youtube版>が完成しましたのでご覧ください。

「博士の独り言」メディアが伝えない日本の真実

 

 

「路傍の花」第一集 

ブログ「博士の独り言」掲載の写真「路傍の花」より 1

 

博士は「路傍の花」の意義についてこう語っています。


  「ブログに掲載する「路傍の花」は、いわゆる、野山の自然の花の撮影とは趣が異なります。ふとその存在に気づき、撮影する花には、プランター植えのものもありますが。すべて、ごく通常の路傍で撮影したものです。また、路傍の花を撮影する視点は、寒さや風雨に耐えながらも、これらの花が咲き続ける強さにあり、その強さは、日本人の美徳とする原点に通ずるものがあり、いわゆる「お花畑」とは根本的に異なります。写真を通じての、みなさまへの問いかけの原点は、陛下が植物をこよなく慈しまれ、路傍の花にさえ御足を止められ、その名を尋ねられた、という幾多のエピソードにあり、その花には、野草も園芸種もわけ隔てがないことに由来しております」(引用)

 

ブログ「博士の独り言」掲載の写真「路傍の花」より 第2集

  

 

  書籍「博士の独り言」

カバー  

   毅然たる日本を願い、現下のこの時局に、日本の本来在るべき針路を鋭意問う内容となっております。民主党政権やメディア報道に不審を抱かれた時や、毀日集団やカルトの誘いを感じられた時に、お役立ていただける内容ある一冊と思います。(ブログより引用)  

博士の本棚    

 

20100120183151.jpg 

    特定国やカルトの侵蝕に国の将来を憂い、活動に可能な時間を得るために、本来専門分野での教授職就任を辞退してまで、国思う真実一路の活動に身を尽されて来た博士には、これからも末長く活動を続けていただけるように私たち有志も応援します。国思うみなさん、日本人の魂の誇りある博士への応援をどうか宜しくお願いします。

応援有志一同

 

国思う心の共有は、「コメント欄 桜花の集い」へ


桜花の集い

 

 20091214145853.jpg

 

桜花の集い 

一人でも多くの人に真実を!   それが願いです。

   

書籍「博士の独り言」アンケートのお願い

 書籍「博士の独り言」アンケートのお願い

 

カバー 

   12月18日に発売となった「博士の独り言」本の初版が売り切れに近い状況となり、重版が決定、とのお知らせをオークラ出版からいただきました。本日も、引き続き、多くの引き合いと発注をいただいている様子を伺いました。国思うみなさまのご厚情に感謝します。拙き一冊ではあるけれども、今後の国思う出版活動から振り返る時に、貴重な一冊としていただけるものと信じて止みません。特に、ネットに馴染みのない方への国思う啓蒙にお役立ていただける機会があれば幸いです。

応援くださるみなさまに感謝し、今後の参考とさせていただけるよう有志がこのアンケートを用意してくれました。ブログ本の感想をお聞かせ願えればと思います。ご多忙の中、恐縮ですがご協力をいただきたくお願いいたします。

アンケートのページ
----------

今後の活動に反映させていただきます

 いただくご回答は、直接、私宛に届くように制作いただきましたので、忌憚なくご感想やご要望をお聞かせいただければと思います。頂戴するご指摘やアドバイスを、今後のささやかな国思う出版活動に反映させていただけるよう努めてまいります。

 どうぞ宜しくお願いします。

平成22年1月13日

博士の独り言
-----------

 

博士の独り言 本編記事~転記

 

    国思うみなさま 書籍「博士の独り言」をお読みになられましたでしょうか?

今後に向けてのアンケートへのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

1 

書籍「博士の独り言」重版決定。!   

 

1.・13本棚 

書籍「博士の独り言」      博士の本棚 

 

書籍の情報、国思う心の共有は、「コメント欄 桜花の集い」へ


桜花の集い

 

20091214145853.jpg 

 

 


    特定国やカルトの侵蝕に国の将来を憂い、活動に可能な時間を得るために、本来専門分野での教授職就任を辞退してまで、国思う真実一路の活動に身を尽されて来た博士には、これからも末長く活動を続けていただけるように私たち有志も応援します。国思うみなさん、日本人の魂の誇りある博士への応援をどうか宜しくお願いします。

応援有志一同

 

sakura2.jpg 

 

 

左サイドMenu

メディアが伝えない日本の真実

毅然たる日本を願い、現下のこの時局に、日本の本来在るべき針路を鋭意問う内容となっております。民主党政権やメディア報道に不審を抱かれた時や、毀日集団やカルトの誘いを感じられた時に、お役立ていただける内容ある一冊と思います。(ブログ「博士の独り言」より引用)  

プロフィール

blogsakurayamato

Author:blogsakurayamato
「博士の独り言」応援中!

特定国やカルトの侵蝕に国の将来を憂い、活動に可能な時間を得るために、本来専門分野での教授職就任を辞退してまで、国思う真実一路の活動に身を尽されて来た博士を、これからも末長く活動を続けていただけるように、私たち有志は応援しています。国思うみなさん、日本人の魂の誇りある博士への応援をどうか宜しくお願いします。

応援有志一同


 

桜大和ツイッター

 

TBでおじゃまいたします

おじゃまいたします      路傍の花

最新記事

書籍「博士の独り言」

重版決定!

最新コメント

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。